守口市、門真市、大阪市旭区、城東区、鶴見区の不動産をたくさんご用意している『おうち情報館』株式会社インターアクティブ TEL:06-6992-3020

京阪沿線、守口市、門真市、大阪市旭区、鶴見区、城東区でおうち探しは株式会社インターアクティブ

空家対策理・任意売却

空家を所有するリスクをご存知でしょうか

かつて財産だった家が、いつか貴方を苦しめる『負動産』になることもあります。
・「不法投棄などのゴミ屋敷化」…撤去費用、近隣住民からのクレーム
・「火事の危険性」…所有者責任による損害賠償
・「少年少女のたまり場」…万が一、その場所で事件が発生したら「告知事項物件」になり、処分も難しくなります。
・「野良猫が住みつく」…臭い、騒音などの苦情
・「倒壊による被害」…けがをさせて場合、損害賠償、慰謝料などの所有者責任
・「害虫やシロアリが発生する」…近隣からのクレーム、物件価値の下落

強制的に撤去され、所有者に工事費用が請求されます


近年では、国や自治体が倒壊の可能性のある空家の『強制代執行」を行っています。 これは、『無料』で解体してくれるのではなく、自治体が危険と判断した場合、先に解体をして『所有者に解体費用、運搬費、廃棄費用を請求』するものです。

●空家になるきっかけ

空家になってしまっている理由は、「住む人がいない」「相続を解決できない」という理由が半数です。
『住む人がいない』…主に田舎に建つ家、農家が多いです。
都心部でも、古すぎる、建て直しが出来ないので放置が多い理由。
建て直しが出来ないのは、前面道路が公道でなかったり、道路に対する接道面が少なかったりで建築基準法に違反し再建築不可になっているものがい多いのです。
『相続を解決できない』…例えば、何年も前に亡くなったおじいちゃんの家を相続するために、相続人全員の印鑑が集まらない(所在さえつかめない時もあります)
又、相続人でもめているということもあります。
しかし、万が一、火災や事故あったら、相続の権利者に対しての「所有者責任」が発生します。

知らない間に所有者になっているかもしれません

「以前、その家に住んでいた」「遺言を受けた」ということで、普通に相続を受けていれば、「自分のモノ(不動産)」という認識がありますが、『ずっと前に亡くなったおじいちゃんの名義の家』『親から聞かされていない親名義の不動産』もあなたの不動産になっている可能性があります。 ここで注意したいのが『所有者=責任者』ということです。当然、権利もあれば義務もあり、何かあれば責任者になります
 

ご相談は電話で…

↑ PAGE TOP